FX相場予想を初心者でも簡単に!相場が動く時間とは?動画解説付!

fxyosou

今回は初心者トレーダーがFXを行う上で、必要な基本手法、「相場の予想」についてお伝えします。

 

前回の「通貨オプション」記事でも触れましたが、

 

オプションカット前では、レンジ相場、レジスタンスが多発する。

 

…という様なFX相場に対して、未来を予想する方法、相場が動く時間というのは幾つかあります。

 

過去実績から近似パターンを見出して予想に当てはめる、この方法は「テクニカル分析」と呼ばれていますね。

 

経済情報から予想する方法を「ファンダメンタルズ」と呼びます。

 

この2語は押さえておきましょうね。

 

それでは詳しく追ってみましょう。

 

sponsored link

相場予想の基本は大事

 

「テクニカル」にはチャートの動きからパターンを読み解き、トレンドを予想して取引を行う方法があります。

 

トレンドに参入(エントリー)するタイミング

 

今回は下図の「ダウントレンド」のチャートを見ながら、トレンドに参入するタイミングを確認しましょう。

 

チャートを監視していてトレンドの発生を見つけたら、エントリーする時に一呼吸おくのがまずポイント。

 

ここで「トレンドライン」「水平線」を引いて確認していきます。

ダウントレンド

 

図に示した右下に向かってちょっとだけ引いた黄色いラインがトレンドを表した「トレンドライン」です。

 

つい、トレンドが始まった黄色の四角範囲でエントリーしたくなりますが、ここだとチャートはまだ不確定で反転する可能性もあるわけです。

 

そこでチャートの高値と安値を基準に「水平線(紫)」を引いてみましょう。

 

すると、ちょうどチャートの真ん中でもあるブレイクラインに差し掛かった緑色の範囲までジッと我慢して、トレンドが確定してからエントリーするのが良い方法だとわかりますね。

 

エントリーしてからはチャートの推移を再確認して、今度は水色の「トレンドライン」を引き直します

 

そのトレンドラインを超えた水色の範囲で決済するのが理想の取引です。

 

ダウントレンドにしても、アップトレンドにしても私が一番心がけているのは、

 

「ゆとり」

 

ですね。

 

急いでエントリーする必要は何もありません。

 

FXは誰かと競争している訳ではありませんし、確実に自分が勝てるトレンドパターンを見出すのが大事なことです。

 

後ほど分かりやすい基本のトレンドラインを動画でもご紹介しますね。

 

sponsored link

 

経済コラムニストの記事を読んで「その日の傾向」を知る

 

経済ニュースを拾い読み、自分の中で取捨選択するのは大変ですよね。

 

ネットの世界では、様々なトレーダーが予想を上げていて、その中でも「噛み砕いた情報」でトレンドを読み取るのもひとつの方法。

 

私がおすすめなのは「Yahooファイナンス」のコラムを読んでFX市場の状況を把握することです。

 

ちょっと難点なのは、限られた時間(昨日から昼までの情報)から、その先(昼から次の朝)を予測している為、予測が外れる可能性も高いという事でしょうか…。

 

鵜呑みにせずに「その日の傾向」としての参考と考えておくのが良いでしょう。

 

もっと大手証券会社などの予測が知りたい人には、「各社FX為替予想」というおすすめページもありますよ。

 

周辺通貨ペアとの関係

 

図は「米ドル/円」と「米ドル/ユーロ」の価格チャート(2015.12.16)です。

USD_JPY

EUR_USD

 

※各通貨の特徴についてはこちらの記事で解説しています⇒FX狙い目は月曜日?土日祝日に値動きは?通貨の傾向も検証!

 

パッと見で逆転した動きをしている事に気づきませんか?

 

このように同じ「米ドル」とペアになっている通貨ペアは、相反または近似した動きを起こす事が多々あります。

 

そうした自分の取引に関連する通貨ペアに注目しておくと、あなたの助けとなるかも知れませんね。

 

    世界の「時間割」で相場が動く時間を捉える

     

    あなたの毎日の生活は大体の場合、似たような日々の繰り返しである筈です。

     

    決まった時間に起きて仕事や学業をこなし、家に帰って、就寝。

     

    世の中の大半の人々も同じ様な生活を過ごしています。

     

    それと同じでFX市場も毎日同じようなリズムで動いているんですね。

     

    下図はそうした「FX市場の時間割」を示しています。

    FX時間割

     

    こうしてFX市場の1日を見てみると、特定の時間帯に取引が活発な時間があって、その時には大きな変動があると予測出来ます。

     

    特に「経済指標」は重要な要素であり、最低でも下記の「経済指標」は注目しておくべきでしょう。

     

    ・貿易収支
    ・経常収支
    ・雇用統計
    ・生産者物価指数
    ・消費者物価指数
    ・GDP
    ・ISM製造業景況指数

     

    こうした経済指標の発表値とチャートの動きが揃っている様ならば、大幅な利益UPに繋がりますよ。

     

    逆にチャートと指標の値が逆転している場合には、指標発表時刻前までに取引を終わらせて被害を受けない様に対応する事が懸命です。

     

    sponsored link

     

    FXの相場予想に強くなるテクニカル動画

     

    先ほどの「トレンドパターン」の基本を説明した動画をご紹介しておきます。

     

    こちらで実際の相場と見比べて早速実践に活かしてみましょう。

     

    まとめ

     

    先の予測に「根拠」は必要です。

     

    「なんとなく上がる(下がる)と思った」

     

    という理由だけで勝負を続けていても、結果は火を見るより明らかですよね。

     

    FX初心者ならば、最初は今回の記事の知識があれば良いと思います。

     

    「世の中にこんなことがあった、その時に為替がこう動いた。」

     

    …という感じで経験を積んで行けば、自分に必要な情報が何なのかは自ずと解ってくるはず。

     

    まずはFX取引に参加して、多くの経験を積み、それを自己分析してノウハウとして行く事が一番大事で早い上達方法ですね。

     

    関連記事はこちら

    コメントを残す

    このページの先頭へ