FXテクニカルの組み合わせ手法公開!エンぺローブが鍵?

sumanil

前回の記事では、「単純移動平均線」を単体で使用してシンプルに実施出来るトレード方法を紹介しました。

 

今回はもう少しテクニカル分析を進めて、「単純移動平均線」と「エンペローブ」の2つを利用したテクニカル分析の実例をご紹介しましょう。

 

こちらを読むことで、あなたが機械的に簡単に収益をたたき出す手法が身に付きますよ!

 

sponsored link

エンペローブとは

 

エンペローブは、移動平均線の平均値から計算し、その結果を乖離線にして表示したテクニカル指標です。

 

移動単純平均線から派生したもので、元となる「移動平均線」からどの程度離れているかを視覚化しています。

 

乖離線は上下に配置され、チャートラインがこの線に触れた時には、反転する可能性があり、売買のサインとして利用されています。

 

イメージ的にはボリンジャーバンドに近いイメージでしょうか。

 

ボリンジャーバンドについては以下のサイトで詳しく紹介していますのでぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

ただし、ボリンジャーバンドは計算上、チャートラインの変動幅に合わせて幅が拡がったり、狭まったりしますね。

 

エンペローブでは、計算方式の違いによってそうした変化少なく、基本的にはチャートラインに対して平均した幅を維持しながら描画されます。

 

その為、ボリンジャーバンドよりも上下限が確認しやすくなっています。

enperobu1

 

ちなみに、エンペローブを使った時の売買ルールについては、下記の3ルールがあります。

 

  • 上側のラインに接近または到達した場合は、買われ過ぎとなって反落の可能性がある為「売りサイン」。
  • 下側のラインに接近・到達した時には、売られ過ぎとなって「買いサイン」。
  • 強いトレンドが発生している時には、ボリンジャーバンド同様にチャートはエンペローブのラインに沿った動向をする場合がある。

 

「単純移動平均線」と「エンペローブ」を利用したトレード手法公開

 

それでは、実際にチャートを利用して2つのテクニカル指標を利用したトレードを観てゆきましょう。

 

チャートのトレンド方向の確認と反転ポイントを確認する為に、「単純移動平均線」と「エンペローブ」の2つは効果的です。

 

enperobu2

図に示した様に「単純移動平均線」は、「短期」と「長期」の平均線が交差する事で、トレンドの始点を見極めるのに有効です。

 

「エンペローブ」は「単純移動平均線」を中心にして、トレンドの上下限を予想して視覚的に表示してくれます。

 

「単純移動平均線」も「エンペローブ」もその表示はあくまでも「予想値」であり、絶対的なものではありませんが、指標としては充分に役に立つテクニカル分析です。

 

一番始めに、前回記事で説明した「サポート&レジスタンス確認」「トレンドの有無確認」「長時間足から短時間足を確認」を行って適切な通貨ペアを選択します。

 

今回は「ユーロ/米ドル(EUR/USD)」を選択しました。

enperobu3

 

チャート単体の確認

 

図に示した範囲が「サポート」と「レジスタンス」を表します。

enperobu4

 

次にチャート自体の動向を確認します。

 

チャートの軌跡はアップトレンドを形成して「買い」を示していますね。
図で確認すると、チャートはアップトレンドで、レジスタンスに到達するまでは少しの猶予があります。

 

よって現在のトレードとしては「買い」になります。

 

「単純移動平均線」の確認

 

それでは次に、「単純移動平均線」を確認してみましょう。

enperobu5

 

チャート最先端から一番近い辺りで、アップトレンドを示す「ゴールデンクロス」が形成されていますね。

 

これにより「単純移動平均線」からは、「買い」の傾向が確認出来ます。

 

「エンペローブ」の確認

 

enperobu6

 

「エンペローブ」を確認すると、上のラインに到達するにはまだ余裕がある状態です。

 

定石通りであれば、エンペローブの上ラインに接触するまでアップトレンドと考えられます。

 

しかし、近々のローソク足をみるとマイナス(青)のローソク足であり、ダウントレンドに移行する様にも見えますね。

 

ここでいったん、今まで分析したテクニカル分析の情報を整理してみます。

 

まずは、今まで見てきたことの基本的な分析結果をまとめます。

 

【最初の分析結果】
●他の通貨ペアと比較しても、「ユーロ/米ドル(EUR/USD)」はトレンドが形成されている。…「買い」
●長時間足から短時間足を確認してもアップトレンドが確認できる。 …「買い」
●レジステンスラインまでには余裕が確認出来る。 …「買い」

 

更には今回の「単純移動平均線」と「エンペローブ」から分析した結果をまとめます。

 

【テクニカル分析結果】
★レジスタンス線到達までには、少しの猶予が確認出来る。…「買い」
★チャート自体の軌跡はアップトレンド…………………………「買い」
★単純移動平均線はゴールデンクロス=アップトレンド………「買い」
★エンペローブのライン接触は無し………………………………「 ? 」

 

この様に整理してテクニカル分析の結果を判断すると、レジスタンス線の近くまで「買い傾向」だと判断出来ます。

 

複数の条件からトレードを選択するには、こうして個々を整理して「買いサイン」と「売りサイン」のどちらかが多く出ているかを確認すると良いですね。

 

ですが、やはり最後の確認は本人の経験則による選択が重要です。

 

今回は圧倒的に「買いサイン」が強い為、「買い」でトレードを開始します。

 

「指値」はレジスタンス線の少し下、「逆指値」の値設定は個人によって相違がありますが、今回は「指値」と同額のマイナス値にしました。

 

【トレード設定値】
・トレード開始値=1.13018
・指値=1.13220
・逆指値=1.12719

 

sponsored link

 

手法実践結果

 

 

enperobu7

結果としては予想通り「指値」に到達して自動的に決済されました。

 

もし時間的に余裕があり、細かくチャートを確認可能な環境にいる方ならば、指値の指定しない方法もありますね。

 

その方法ならば、チャートを細かく確認し、より多くの利益を得られる事が出来るでしょう。

 

しかし、それ以外の人でもトレード中には、時折チャートを確認するのが大切です。

 

チャートが急変して思惑とは違う方向へ進み出したり、逆に強いトレンドが形成されてより多くの利益が望めそうなチャートになるなどの変化が発生する場合もあるからです。

 

単純に今回のような手法で一度設定した「指値」「逆指値」を厳守するのも良いですが、近況を反映して「指値」「逆指値」の見直しを図るのもトレードでは有効な方法です。

 

まとめ

 

今回は「単純移動平均線」と「エンペローブ」の2つを利用して具体的なテクニカル分析の手法をご紹介しました。

 

トレードで一番困るのが、「逆指値」の設定ですね。

 

つい躊躇しがちになりますが、逆指値の設定は、あらかじめ指定しておくのが絶対良い方法です。

 

逆指値の設定をしておかないと、必ず「損切り」時に迷いが出ます。

 

「いずれ値が戻るだろう」
「損切りした途端に値が戻ったらどうしよう…」

 

そんな自分に甘い決断をして損切りしないでおくと、結果的に損害を大幅に拡げる可能性があります。

 

特に経験の浅い初心者の方は「逆指値」は必ず設定しておきましょう。

 

sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ