FX土日取引時間は?月曜のリスクとメリットまとめ!各業者の違い!

サムネイル画像

 

FXは市場が地球規模なので単純に24時間取引可能と思いますよね。

 

ただ、運用しているのは生身の人間ですから実際の取引時間というものは決まってきます。

 

今回はFX初心者向けに実際のFXの取引時間に土日に取引ができるかどうか、月曜の週の始めの取引時間に押さえておくべきポイントをまとめました。

 

そしてもしあなたが土日にFX取引するのであれば、時間ギリギリまで取引ができ、かつスマホの取引画面がダントツで使いやすいGMOクリック証券がおすすめです。(口座登録はもちろん無料)

 


 

sponsored link

FXは土日でも取引できる?

 

FXでは取り扱う商品が通貨である為、世界中のマーケットで取引がされています。

 

例えば

 

東京が夜の時には、アメリカは昼間

 

というように地球が公転している事によって、海外のどこかしらの国は昼間になるので24時間取引可能なんですね。

 

FX市場だけで言えば、月曜から金曜まで無休で取引が行われています。

 

基本的には「月曜日の朝から土曜日の朝まで」が取引可能範囲ですね。

 

各国の祝日は、その国の市場も閉じている為、その市場に属する海外FX業者も休業です。

 

土日については、多くの国が休日と定めている為、マーケットは閉場しています。

 

ただし、日曜が休日なのはキリスト教に由来するところですから、イスラム圏ではFX取引が行われているんですよ。

 

世界の市場の中でも、特に活発な取引を行われている市場は、

 

東京市場

ロンドン市場

ニューヨーク市場

 

の3大市場です。

 

当然、この3大市場にも取引時間は定められており、東京から見ると時差がある為、下表に示す様に時間はズレています。

 

torihikijikan1

 

上表の時間帯での「夏時間」は、サマータイムを表しています。

 

最近は日本でも話題になる事がある「サマータイム」、日が昇る時間が早い夏に合わせて就業時間を移行させる制度ですね。

 

EUやアメリカでは、一般の企業でも広く導入されています。

 

その為、夏から冬、冬から夏に季節が変わる時に時間帯が変化するわけです。

 

さらに地域での気候差がある為に少しタイムラグがあります。

 

【夏時間から冬時間への切り替え日】
 ヨーロッパ =10月、最終日曜日
 アメリカ  =11月、第1日曜日
 オセアニア地域=10月、第1日曜日

 

【冬時間から夏時間の切り替え日】
 ヨーロッパ  =3月、最終日曜日
 アメリカ =3月、第2日曜日
 オセアニア地域=4月、第1日曜日

 

これにより、経済指標などの発表についても時間が変化します。

 

メジャー通貨の米ドルを取引するアメリカなどは、夏冬で1時間の差があります。

 

このタイムラグを忘れていると、重要な経済指標発表に気づかず、急に発生した為替変動に巻き込まれて損害を被る危険性があります。

 

sponsored link

 

各FX業者の土日取引時間の違い

 

さて、FX市場の取引時間は月曜・早朝から土曜・早朝まで24時間無休である事はお伝えした通りです。

 

当然、FX業者にも取引時間は設定されています。

 

3大市場でも時刻に差がある様に、FX業者にも取引時間に差があります。

 

主要各社の取引設定時間を表にしてみました。

各FX業者の取引時間比較

 

それぞれ、土曜日の終了時刻に相違があります。

 

そして、土日に関しては土曜の早朝以降および日曜が休業で、その時間帯での日本のFX業者は取引は出来ません。

 

その中でも一番長い時間で取引できて、取引チャートの使いやすさ、スピード取引注文やワンクリック注文・決済で初心者や短期トレードにおすすめなのがGMOクリック証券になります。

 

 

矢印GMOクリック証券の公式HPをみてみる

 

ただ、ポジションをその週に決済できずに来週へ持ち越してしまう場合もあるでしょう。

 

FX業者は休みなので新しいポジション取得や決済取引は不可能ですが、現在所持しているポジションについては指値や逆指値を変更する事が可能な業者もあります

 

取引は出来ないのに指値・逆指値の変更が出来るのには理由があります。

 

次は「月曜日のリスク」と「メリット」についてご説明しましょう。

 

FXの取引時間が月曜日の時のリスクとメリットとは?

 

FXを始めている人は、休日明けの早朝にチャートを確認すると前日の終値から為替価格が移動している事に気が付くでしょう。

 

下図に点線の丸印で示したような部分です。

mado
週明け相場で為替が大きく変動

これは「窓」と呼ばれています。

 

このような値動きの現象が起こるのは、先に説明した様に、世界の多くの市場自体が休場している土日でも、イスラム圏では取引が行われているからなんですね。

 

また大規模の投資家及び資産家に対しては取引をOKしている業者もあるんです。

 

土曜日の閉場時刻から月曜の開場時刻まで、規模は縮小しますが各通貨ペアのチャートは刻々と変動しています。

 

また土日の間に経済やその他のアクシデントが発生し、そうしたニュースを受けて、月曜の開場と同時に投資家達が一斉に取引を始め、それが影響している場合もあります。

 

この場合、終値を遥かに超えた価格へ初値が移動する場合があります。

 

更には大規模な投資会社等が仕掛ける攻撃的な為替変動もあったりもします。

 

さきほどのように、FX業者の特別枠の取引時間帯と市場の取引時間にはタイムラグがありますから、その空白時間に個人投資家は取引出来ません。

 

その時間差を狙って投資会社が大規模な取引を実行して価格を操作する場合があります。

 

大きく乖離した価格によって自主的な、またはシステム的なロスカットを多発させ、これにより仕掛けた投資会社は利益を上げる訳です。

 

こうしたことからFX参入が間もない主婦の方が被害をこうむり借金までしてしまうケースも多く、注意が必要です。

 

⇒FXで主婦が失敗する理由は?おすすめ業者とリアル体験談まとめ!

⇒FX失敗で借金ってなぜ?仕組みとしない方法は?踏み倒しについて!

 

対策としてはあらかじめ逆指値を設定しておけばロスカットは回避出来るかもしれませんね。

 

もしくは短期決済のスキャルピングもおすすめです。あまりに機械的に利益を上げることができるので、禁止している業者があるとうわさになるほどなんです。

 

⇒FXのスキャルピング禁止で凍結?DMMとGMOクリック証券徹底検証!

 

この様に基本的には週末の最終までに取引は終了し、来週まで持ち越さない事が危険を回避する方法です。

 

逆にこの「窓」、初値が移動する先を予測できれば、利益を受けられる可能性があります。

 

「窓」が大きく開く原因の内、週末夜または土日の経済ニュースから来週のトレンドを予測する事も可能ですよ。

 

近近況のチャート動向から予測するテクニカル分析だけではなく、こうした経済情報を元にしたファンダメンタル分析が重要になります。

 

また、「窓」には名前の通り、「窓が開く」ので

 

「窓が閉まる」

または

「窓埋め」

 

と呼ばれる特性があります。

 

ただ、この特性は100%発生するとは限りません。

 

ですが、「窓」があるとその後で元の終値へ戻ろうとする動きが発生する場合があります。

 

これは先ほどお伝えしたロスカットの多発や、窓の出現を予想した投資家達による取引などによって生じます。

 

図表で示すとこんな感じです。

窓01
窓02

 

つまり、窓が開いた後、矢印で示すように窓を覆うようにチャートが動くことがあります 。

 

窓が下に開いたら窓の上辺(高値)まで、窓が上に開いたらその下辺(安値)まで動くことが多いんです。

 

この時に気をつけないといけないのは、最初の「窓」が大きく開けば開くほどに「窓埋め」は起こりにくくなるという事です。

 

通常の「窓」は、イスラム圏の取引等で発生し、変動は小さいので「窓埋め」も起こり易いですが、経済ニュースや天災等のアクシデントによって発生する窓は大きく、「窓埋め」の動向が追いつかない場合があるからです。

 

sponsored link

 

FXの取引時間を有効に活用するための動画

 

こちらの記事を読んでいる方は本業を持っている方が大多数で、FXトレードに時間が割けない方も多いと思います。

 

今回の動画はそんな方がやるべきトレード方法を説明したものです。

 

「兼業FXトレーダー視点でみる初心者におすすめ1時間足手法」

 

まとめ

 

今回の話をまとめてみると・・・

 

● 基本的には週末に未決済の取引は持ち込まない、または逆指値を設定しておく。
● 週末から土日のニュースには注目しておく。
● ニュースの重要度によって窓の発生規模や窓埋めの発生を予測できる。
● 「窓」が発生しても「窓埋め」は起こらない場合もある。

 

今回のテーマは「時間」でした。

 

FX市場は24時間無休で続きますが、投資を行うあなたは生身の人間です。

 

利益を求めてオーバーワークにならない様に無理せず焦らずに実践するのがポイントですね。

 

関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ