FXスキャルピング手法とコツは?だまし見破るテクニック動画紹介!

無題

 

今回はFX取引の実践的な情報「スキャルピング」をご紹介していこうと思います。

 

これはFXを始めて最初のほうで知るテクニックになります。

 

前回まではFXDDの様な海外会社を含むFX業者に関する比較検討から、ボリンジャーバンドの様なFX分析ツールまで、FXに関する基本的な事柄をご説明してきました。

 

FXの基礎については、前回記事からお読みいただいている方は充分理解出来たと思います。

 

会社比較とボリンジャーバンドの記事は以下のページで紹介しています。もしご興味があれば参考にしていただければと思います。

 

 

では早速「スキャルピング」の意味から、実際の取引でのテクニックまでFX初心者向けに解りやすく噛み砕いてご紹介してゆきましょう。

 

sponsored link

「スキャルピング」とは?

 

FX取引を始めようとしている方、または始めて間もない方では「スキャルピング」というテクニック自体知らない方も多いですよね。

 

FXの情報サイトでは、必ず最初に登場するテクニックです。

 

通貨の値動きには、ボリンジャーバンドをご紹介した時にも説明しましたが、「レンジ相場」と「トレンド相場」という2つの状態があります。

 

「レンジ相場」とは、値動きの変動が乏しく小刻みに乱高下している状態。

 

この状態では「売り」または「買い」のポジションを決済しても、価格変動が小さく利益を出せる程に価格が動いてくれません。

レンジ相場

 

一方「トレンド相場」は、その逆で値動きが上昇または下降方向の一方向へ動き続けている状態を指します。

 

この時はその価格が動いている同方向にポジションしていて、それを決済出来れば利益を出すことが出来ます。

トレンド相場

 

「スキャルピング」とは、そうした「トレンド」を見極め、短時間で取引から決済までを実行して利益を得ようとする手法です。

 

例えば、下図に示す様にトレンドの傾斜に合わせて「売り」と「買い」を行って決済をするのが「スキャルピング」です。

スキャルピング

 

ちなみに「スキャルピング」とは「薄く剥(は)ぐ」という意味合いがあるんですよ。

 

「短時間で利益をトレンドから剥ぐ」という事からこの名前がつきました。

 

「スキャルピング」の意味についてなんとなく理解できましたか?

 

イメージ的には「サーフィン」と似ています。

 

「良い波」を見極めて波に乗り、波が消えるまたは振り落とされる前に波から離れる。

 

当然、波が一番高い時を目指してギリギリまで波に乗り続けても良いのですが、スキャルピングではある程度の利益が確定している内に決済を行って確実に収益を上げる事を目的としています。

 

ですが、スキャルピングが必ず利益が出せる、成功率の高いテクニックかと言うと、そうとも言えないんです。

 

例えば、ポジションした途端にトレンドが反転してしまってマイナスになってしまい、利益がマイナスとなってしまう。

 

発生したトレンドが長続きせずに思ったより利益が得られない、または反転してマイナスで決済する。

 

こんな失敗もスキャルピングにはつきものです。

 

ときには大きな為替変動で指値の取引もすべってしまうことも。

 

 

でも、ポジションを行う条件さえ理解しておけばスキャルピングもあなたに有利なテクニックとして活用出来ます。

 

ここからは、そんな実践的なスキャルピングのテクニックをご紹介して行きましょう。

 

スキャルピングに適した通貨ペア

 

ネットでの評判を確認してみると、スキャルピングに適した通貨ペアは「米ドル/円」と「ユーロ/円」です。

 

スキャルピングに適した通貨ペアは、価格変動が大きく予想が立てやすく、FX会社に支払う手数料スプレッドが少ない通貨ペアが理想的です。

 

そう考えると基軸通貨である「米ドル/円(USD/JPY)」「ユーロ/円(EUR/JPY)」がスプレッドも狭くスキャルピング向きと言えますね。

 

更にこのペア同士は、「米ドル/円」が「ドル高」傾向になると「ユーロ/円」は「円高」に動くなど互いに相反する値動きをする事が多く、それぞれの市場経済の情報も入手しやすい為に予測が立てやすい通貨ペアです。

 

ちなみに通貨については通貨ペアの強弱について知識を深めると利益を出しやすくなります。以下のサイトで紹介していますので、もしご興味があれば参考にしていただければと思います。

 

 

 

sponsored link

 

 

スキャルピングに適した時間帯

 

下記の理由によりスキャルピングに適した時間帯、夕方~深夜が最も適した時間であると言えます。

 

常に市場の動きを観測できる時間帯

 

スキャルピングでは短時間で勝負を仕掛ける為、値動きには常に注視していなくてはなりません。

 

あなたがFXトレーダーならば、日中でもチャートに張り付いていられます。

 

ただ、副業の場合には、昼間には本業で夜がFX取引のメインタイムとなる筈です。

 

ロンドン,アメリカ市場が日中である時間帯

 

FXの時間帯には「ロンドン時間」「アメリカ時間」と呼ばれる時間帯があります。

 

「ロンドン時間」とは、ロンドンを中心しとしたEU地域が昼間の時間を表します。

 

「アメリカ時間」はアメリカが昼間の時間、どちらも投資に対する先進地域ですから活発な市場活動が行われます。

 

「ロンドン時間」は日本時間17時から、「アメリカ時間」は日本時間22時以降です。

 

時間の参考として、「世界時計」のURLをご紹介しておきます。

 

このサイトだとパッ見ただけで、世界中にある任意の位置での時刻がわかります。

「世界時計URL」⇒http://sekaidokei.com/

 

ボリンジャーバンドを活用する

 

前にご紹介した「ボリンジャーバンド」を活用してトレンドを予想する方法もあります。

 

ボリンジャーバンドについては以下のサイトで詳しく解説しています。もしご興味があったらご覧いただければと思います。

 

スキャルピング不向きな状態

 

①上下のσ線の幅が狭い時。
②価格が±σ1線内にいる状態。

 

どちらも値動きが乏しい「レンジ相場」である事を表しています。

 

スキャルピングしやすい状態

 

①上下のσ線幅が拡がった状態
②価格が±σ2線に接している状態
③価格がσ1線とσ2線の間で移動している時

 

①の場合はトレンド相場の始まる可能性を表し、②は価格が反転して平均線へ向かってトレンドを発生する可能性があります。

 

③は「ボリンジャーバンドのバンドウォーク」と呼ばれ、継続したトレンド相場が発生する可能性があります。

 

「5分足」で値動きを予想する

 

短い時間軸で値動きを予測する事もスキャルピングには向いています。

 

短い時間軸というと「1分足」がありますが、これだと値動きが早く対応するのが難しく、また急激な価格の反転(「ノイズ」とか「だまし」と呼ばれます)も多く取引の基準とするには向いていません。

 

「5分足」ならばこうした「だまし」も少なくなるので、スキャルピング向きのチャートと言えます。

 

まずは

1.「日足」から傾向=トレンドを見極め

2.「2時間足」「15分足」と徐々に細かい時間足を確認して短い時間軸でのトレンドのタイミングを確認

 

する事が大切です。

 

「5分足」を基準として取引を行いますが、こうした長い時間軸を確認する事で全体の傾向を把握し、全体の傾向と反するトレンドで勝負する時は、より短時間で決済する事が損失を抑える事に繋がります。

 

経済指標を利用する

 

経済指標が発表されると、ほぼ価格は変動を発生させます。

 

前回の発表値や、その指標より前に結果が解っている他の経済指標から、ターゲットとする経済指標が発表されている予想値より「上がる」か「下がる」の予想をします。

 

「IF-」取引などで、あらかじめ値動きを予想して予約注文をしておけば、指標発表直後にスキャルピングが可能です。

 

ただし、この方法は瞬間的な価格変動を相手にしている為、修正が効きませんので、勝率的に当たり外れのギャンブル性が高く、必ずしも利益が出るとは限りません。

 

また、価格変動幅が大きくなり過ぎるとスプレッドも大きく変動しますから、それにより利益が損なわれる可能性もあります。

 

ちなみにスキャルピングでコツを得てFXで利益が出てきたら欠かせないのが確定申告。以下のサイトで詳しく解説していますので、ご参考いただければ幸いです。

 

 

sponsored link

 

スキャルピングに関する動画

 

さきほどの急激な価格の反転で起こる「ノイズ」・「だまし」

 

反対シグナルが●●分以内に出たときにはだましの可能性が高いです。

 

詳しくはこちらをどうぞ!

まとめ

 

スキャルピングは短時間で決着させるトレードスタイルの為、ついついFX取引をし始めの頃には多用してしまいがちです。

 

得られる利益は少ないですから、あまり回数を多くすると、損害を被る可能性も大きくなって行きます。

 

また、回数を少なくしても利益を上げようと大金を投入する場合もあるでしょう。

 

その時にも当然、ハイリターンを求めればハイリスクになってしまいます。

 

まず、短い時間軸だけに注目してスキャルピングを行いがちですが、その日または何日かの相場の状態を確認して、全体の流れに合ったトレンドに沿った取引を行うのが利益を出す為の第一条件でしょう。

 

また、利益を求めすぎて損切りが出来ないのも問題です。

 

価格変動に対して右往左往せずに自分のルールを取り決め、「腹八分目」を心がけてスキャルピングを行いましょう。

 

矢印FX手法を余すところなくお伝えしている筆者おすすめのFX業者ランキングを見てみる

 

関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ