株主優待おすすめ10万以下お食事銘柄3傑!初心者中級者必見!

sumnail

今回は株主優待の10万円以下で手に入る銘柄3傑、第2弾のアドバイス!

 

株主優待に味を占めた方が次にステップアップしたいのが自分のルールに合った銘柄増やし。

 

最初は何といっても1銘柄予算5万円以下が鉄則です。

 

そして今回はしっかりと「1銘柄予算10万円以下」と自分との約束を守りつつ、がっちり食事のできる銘柄3傑を紹介します!(2018年7月現在)

 

ここまで幅を利かせることのできる人は、日常生活に投資のいい流れが起こり、株運用の恩恵スパイラルに乗ることができてきますよ。

 

sponsored link

10万円以下オススメお食事銘柄3傑

 

では筆者がおすすめの5~10万円のおすすめ3銘柄をご紹介します!

 

外食ジャンルコンプリート銘柄!

 

まず一つ目がアトム(7412)

 

これは非常におすすめ!

 

こちらは㈱コロワイドの傘下企業で、コロワイド系列のレストランすべてで食事をすることができます。

 

食べられるジャンルもステーキ、ハンバーグ、焼肉、寿司、和食、イタリアン、カラオケなどなど、完全にコンプリート状態!

 

詳しくは以下のサイトでも紹介していますよ!

 

⇒コロワイド株主優待!かっぱ寿司利用可で大注目!株価と配当は?

 
このアトム、注目すべき点は利回りで配当金目的と株主優待とを合わせるとな、な、な、なんと約4%!

 

手元資金5万円をちょっと超えるとここまで優待の幅が効いてきます。最近は10万をちょっと超えてきてますが^^;

 

アトム銘柄を持つだけでさらにお得に株主優待で使う裏技を以下のサイトでも紹介しています。もしご興味あればご覧いただければと思います。

 

アトム(7412)リアルタイム株価


sponsored link

あの有名なスイーツを株主優待で♪

 

2つ目におすすめなのがヴィアホールディングス(7918)。

 

2015年4月に、あの女性に人気のスイーツ「なめらかプリン」で有名な『パステル』の事業を譲り受けたことで話題になりました。

 

他にも串焼き、ステーキ、中華、ラーメン、イタリアン、和食といった多ジャンルを1000円ごとに500円の割引が受けられ、うまく予算配分すればほぼ半額です。

 

うれしい配当付きで利回りは合計14%!!!

 

ヴィアホールディングス(7918)リアルタイム株価

 

もう一つうれしいのは200株で優待10,000円、300株で15,000円と100株増やすごとにしっかり5,000円分づつアップするということです。

 

普通の株主優待ですと、倍の10,000円をもらうために必要株数が500株に跳ね上がるようなことがよくあります。

 

100株ごとに1000株まで優待の比率も同率で上がるというのは良心的な銘柄ですね。

 

sponsored link

 

ニュースの話題で株価が下がっても優待レベルはアゲアゲ!

 

最後に紹介するのは、地鶏で有名になった(?)居酒屋「塚田農場」を運営するエーピーカンパニー(3175)

 

メニューの地鶏表示に誤解を与え、ブロイラーを使用しているメニューで問題になりましたが、「ありえない鮮度」をウリにする”四十八漁場”の鮮魚居酒屋の人気で今後の株価も復調される気配も感じられます。

 

優待だけで比率がなんと約5%に迫る勢いです!

 

株価が下がったおかげもありますね。

 

エーピーカンパニー(7522)リアルタイム株価


 

10万円以下の銘柄をどこの証券会社で買うのがいい?

 

紹介した銘柄をどこの証券会社から買うか迷う人がいますよね。

 

そんな時は私がメインにしている証券口座、マネックス証券がおすすめです。

 

なぜならば、株売買の手数料が10万円以下の取引に対して、業界唯一で一律な、な、な、なんと100円(税抜き)という破格値を設定しているからですね。

 

これでしたら株取引に対して何か重い腰を上げられない人にはフットワークが軽くなってきますよね。

 

かつ、保有株の損益や、マイページの見やすさ、ニュース、株主優待の内容のチェックなどとても見易くておすすめですね。

 

 

矢印筆者おすすめの証券会社、マネックス証券の公式HPを見てみる

 

    アトムの株主優待に関する動画

     

    アトムのメジャー店舗は”ステーキの宮”。

     

    ここのスープバーは種類も多くおいしいと人気!

     

    ステーキ宮についての記事は以下で詳しく紹介しています。お近くにお店のない方もぜひご覧くださいね。

     

    実際の食事の様子を動画でまとめたものを紹介いたします。

     

    まとめ

     

    前回、今回とご紹介したこだわりは「割引」ではなく、うまくいけば『無料』で外食ができるということ。

     

    やはり財布いらずでレストランで食事ができた方が気分もいいですよね。

     

    腹ごしらえが済んだら次は温泉?!?!?!

     

    安心してください、ありますよ!

     

    いま話題で急成長な極楽湯に関して、詳しくは以下のページで紹介しています。もしご興味がありましたら参考にしていただけたらと思います。

     

    関連記事はこちら

    コメントを残す

    このページの先頭へ