FXDDの評判について!入金出金トラブルは?スプレッドは有利?

無題

今回は海外FX会社としては老舗と呼ばれる「FXDD」と、前回記事でもご紹介した日本のFX会社「ヒロセ通商」と「DMM.com」を比較検証してみます。

 

前回の記事はこちら!

 

FXという投資方法は海外で発展し、近年になって日本でも多数の企業が参入して広く一般に知られる様になってきました。

 

しかし、未だ参加人口は少なく取引に関しても、16時からの「ロンドン時間」、夕方からの「アメリカ時間」と値動きの激しい時間帯は日本の日中から少しズレた時間の方が活発です。

 

そう考えると、現在ある日本のFX会社より海外FX会社の方が取引システムなど進歩していて、更に取引に関わる様々なシステムや料金等も投資者に有利な様な気がします。

 

FXDDとは?
日本のFX会社との機能一覧比較
FXDDの口座入金・出金の仕組み

 

をまとめてみました。

 

sponsored link

FXDDとは?日本で人気な理由とは?

 

日本で運営している海外FX会社で、一番利用者が多いといわれているのが「FXDD」という会社です。
(公式HP,URL: http://www.fxdd.com/bm/jp/

 

「一番利用者が多い」というフレーズは特に根拠が見当たらないので、広告的なコメントと思っても良いかもしれません。

 

現在は様々なFX会社が「取引ソフト」を出していますが、少し昔では「MT4(メタトレーダー4)」と呼ばれる共通の取引ソフトが主流でした。

 

「MT4」はロシアのメタクォーツソフトウェア社が提供している無料のトレードソフト。

 

このソフトはFXの取引や決済を行うシステムソフトで、ネット経由のFX取引黎明期ではこの「MT4」でFX会社と通信を行っていました。

 

「FXDD」はその頃から日本市場へ参入していて、今現在でも「MT4」用のFX取引メニューがあります。

 

そうした古いFX取引形態から、日本で活動している・・・その為、

 

「日本で一番利用者が多い」

 

と呼ばれているんですね。

 

FXDDはどこにある?

 

さて、「FXDD」はFX初心者の方では特に聞きなれない会社名ですよね。

 

それもそのはず、会社の所在地は「マルタ島」の「マルタ共和国」だからです。

 

日本に支社はありません。

 

でも取引の不明点に対して対応出来るように「日本語スタッフ」が数名います。

 

 

sponsored link

 

 

FXDDの扱っている金融アイテムとFX取引の詳細について

 

FXDDの取引市場は「FX」だけでなく、

 

「金銀・プラチナ・パラジウム・銅」

「原油・天然ガス」

 

と先物市場に対しても取引可能なのが日本のFX会社と大きく違う点ですね。

 

「FX」については、最大66種類の通貨ペアが選択でき、当然、日本円以外のペアが選択出来るようになっています。

 

FX取引ツールについては、さきほどのMT4による取引がメインで、この時の通貨ペアは22種類になります。

 

「FXDD Viking」という取引ソフトもあります。

 

ただし、取引通貨が「MT4」だけでは1000単位なのに対し、「FXDD Viking」は1万単位なので注意です。

 

他に

 

「ミラートレーダー」

 

という投資信託方法もありますね。

 

FXDDのお金の入出金トラブルについて

 

日本のFX会社との一番の相違点が「お金の取引」でしょう。

 

FXDDは海外ですから、口座へ入金するには基本的に即座に日本円で出来ません。

 

その為、FXDDで口座を開設した場合、口座入金するには下記の方法があります。

 

●「国内送金」・・・銀行口座から入金する方法。

●「カード入金」・・・クレジットカードによる入金方法。

●「Paypal(ペイパル)経由」「Skrill(スクリル)」「ClickandBuy(クリックアンドバイ)」・・・海外のネット決済システムによる入金方法。

 

FXDDの口座に入金完了されるには全て1~2日の期間がかかります。

 

ですから日本のFX会社の様に口座開設して即座に入金する事が出来ません。

 

入金に手間がかかるという事は、出金に関しても同様に手間が必要になります。

 

動画にて出金の一連の作業手順が確認できますね。

 

FXDDの公式HPから出金手続きに必要な書類をダウンロードし、必要項目を記入してメールで送信しなくてはなりません。

 

FXDDが書類を確認したという受理の返信メールが届いた後、数日で指定口座へ入金されます。

 

日本のFX会社では口座パスワードを入手したら即日に入金可能な取引スピードである事を考えると手間がかかり、トラブルの元となる方法ですね。

 

FXDD及び各FX会社機能一覧比較!

 

ざっと「FXDD」に関して基本情報を説明しました。

 

どうも所在地が海外で日本支社が無いからでしょうか?

 

評価や会社内容がハッキリとわかるような情報が少ないですね。

 

そこで日本のFX会社として過去にも紹介した「ヒロセ通商」と「DMM.com」と比較検証をしてみましょう。

 

基本的な仕様を表にまとめてみると・・・

無題

※日本円口座の時1万単位、外貨ならば1000単位
※スプレッドは「米ドル/円」時の平均スプレッド

 

結論から言ってしまうと、レバレッジが200倍という倍率なのが目立つ特徴で、こうして日本のFX会社と比較しても特に特筆すべき特徴もなく、FXDDが有利な所は見当たりません。

 

スプレッドが唯一低い事がメリットの様な気もしますが、通貨の価格に合わせて変動するタイプなので必ずしも低価格とは言えません。

 

スプレッドに関する記事はこちら!

 

レバレッジに関しても、レバレッジ200倍で決済するにはそれと同価格の口座残金が必要です。

 

マイナスも200倍になっている事にも注意しましょう。

 

投資としては「ハイリスク・ハイリターン」で資金が潤沢な方向けでしょう。

 

口座の手間も考えると長期間資金を寝かせて稼ぐタイプのFX取引向けでスキャルピングなどの短期取引には向かないと考えられます。

 

スキャルピングについては以下のサイトで詳しく紹介しています。特に収益アップに役立つ内容と禁止している業者が気になる方は必見です。ぜひチェックしていってくださいね。

FXDDの評判まとめ!

 

海外会社ということなので、ネット上にも様々な口コミが流布しています。

 

その大半がFXDDに対しては否定的ですね。

 

スプレッドの変動やお金の出金に関するトラブルなど、海外会社なので意思の疎通に問題が発生する場合もあるとは思いますが・・・

 

このマイナス意見の数は少し無視出来ない量ですね。

 

私個人としても感じるのが、

 

「公式HPの 『会社概要 』に会社名や資本金等の詳細が記載されていない」

 

のはすぐ見直せる改善点かと思います。

 

FXDDの公式HPを見ても、やはり海外会社だからでしょうか、細かい仕様がイマイチ分かりづらい印象を受けました。

 

レバレッジも高いですし、かなり玄人向けの会社なのかも知れませんね。

 

sponsored link

 

FXDDに関する動画

 

動画としては、YouTubeの「FXDD公式チャンネル」をご紹介しておきます。

 

FXDDが気になる方は色々と覗いて見られたらいかがでしょうか?

 

こちらからどうぞ!

 

編集後記

 

海外資本のFX会社は日本でもいくつか出店しています。

 

やはり、初心者は日本のFX会社を利用するのが手間が無くて良いと思いますね。

 

以上、今回はFXDDについて分かりやすくまとめてみました。

 

 

矢印FX手法を余すところなくお伝えしている筆者おすすめのFX業者を見てみる

 

関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ