FX取引時間の傾向と狙い目!土日取引のコツと月曜開始時間注意点!

sumnail

今回は、FXの取引時間に関して取引の傾向とその狙い目をご説明しましょう。

 

FX取引、為替市場というのは24時間動いています。

 

我々日本人が寝ている時間にも、地球の反対側の人達は起きていて、FX取引を続けているからです。

 

しかし、眠る事がないFX市場でも、時間帯のタイミングによる為替動向の変化は存在します。

 

簡単なのは「経済指標」の発表時、特にアメリカの経済指標発表時には、米ドルじゃない通貨ペアも何かしらの反応を起こしますね。

 

そうした、決まった大きなイベント以外にもFX市場では、チャートの動きが変化を起こす、または起こしやすい「時間帯」が存在します。

 

今回は、そうした取引時間の傾向の狙い目についてご説明しましょう。

 

 

sponsored link

FXの取引時間で月曜の狙い目の時間帯は?

週始め、月曜の開始時刻での注目点

 

さすがに土日は休日である為、各国のFX市場は閉場しています。

 

再び取引が開始されるのは、月曜の朝9時

 

この一週間のスタートである、月曜日で日本市場がOPENした直後には、大きな価格変動が発生しやすいですね。

 

特に次の条件にあてはまる場合には、注意が必要です。

 

「窓」が開いた場合

 

前回記事でご説明した、チャートの「窓」。

 

前回の記事はこちら!

 

実はこれ専門のトレーダーが居るという程、狙い目な変化なんです。

 

「窓」は大きければ大きい程に成立する可能性が高いですね。

 

各国通貨ペアを確認し、大きな「窓」が開いているペアを狙いましょう。

 

一番確実なのは、「窓」を限定的のトレンドと考え、「フィボナッチ」を使用して上限を予想する事でしょう。

 

フィボナッチに関する記事はこちら!

 

窓から一番近い「高値」と窓の最下値を「安値」として「フィボナッチ」を引き、50%を指値と考えるのがベターです。

torihikijikan1

 

ただし、「窓」が大きい程に値動きも大きいのでスプレッドも高めに設定されやすいです。

 

その為、利益がスプレッドに食われてしまう場合もあります。

 

先週に大きなトレンドが発生していた場合

 

この場合、開場直後に「トレンドに乗り遅れた人達」がドッと損切りに動き、先週とは反対方向のトレンドが発生しやすい傾向にあります。

 

週初め 月曜の特性とは?

 

一週間の始めである月曜日は、他の曜日とは少し違った変動をする傾向があります。

 

FXを含む経済活動は、月曜に計画を立案して金曜までに区切りをつけるという動きをします。

 

その為、一週間の内で最高値(最安値)を月曜または金曜につける動きが見られますね。

 

FXの取引時間で土日の狙い目の時間帯ってある?

 

月曜の市場が開くギリギリで仕掛ける人達が多数いる様に、金曜日の深夜からFX市場の閉場時間ギリギリまで戦う人達が居ます。

 

やはり、綺麗に仕事を片付けて一週間を終了したいと思っての動きも、サラリーマンではあるかもしれませんね。

 

実は、一週間を終えて徐々に取引を手控えしていくこの時間帯も、0時からトレンドが発生する場合があります。

torihikijikan2

 

日本が祝日のときって?

 

生活の基軸である「暦」は、つい絶対的な物と考えがちです。

 

しかし、日本が祝日でお休みでも、EU圏やアメリカは「平日」なのでFX取引が可能ですね。

 

当然、逆に日本は平日で外国は祝日である場合もあります。

 

その日が海外では祝日なのか確認するには、FX会社からのメール連絡などで可能ですので安心。

 

日本の祝日の場合、日本の銀行や大手証券会社が休みなので、価格変動が少ない場合と大きく変動する場合と両極端になる傾向がありますね。

 

特に影響が大きく、重要度が高いアメリカの経済指標発表が重なる場合には、発表後に大きく変動が発生します。

 

 

 

 

sponsored link

 

 

 

 

実際の1日の取引時間内で狙い目の時間帯公開!

 

さて、では平均的な1日での変化が起こる時間とはどんなときなんでしょうか?

 

多くの人々の生活サイクルが反映され、FX市場には潮の満ち引きに似た動きが見受けられる場合が多々あるんです。

 

ここからは筆者の経験から得られた、1日分のチャート動向をご紹介しておきましょう。

■■■注意■■■
ここから先の内容に関しては、筆者の経験による経験則が大半です。
その為、同様な手法を実施しても利益が得られない、または損失を被る場合があります。
FXの運用は、全て自己責任です。
その事をご承知の上で、読み進めていってください。

 

torihikijikan3

 

A.10時前後

 

日本市場の開場は、朝9時です。

 

大手証券会社や銀行がOPENし、営業を始める10時前後である為に値動きが活発化するのはこの時間帯。

 

この時に「米ドル/日本円(USD/JPY)」と関連通貨ペアでは、この時間帯から正午までの限定的なトレンドが形成される事が多いです。

 

B.12時~14時

 

この時間帯では、先の午前中に形成していたトレンドが反転する場合が多いです。

 

日本市場では、午前中に保有していた注文を決済して昼休みに入る人達が多いからでしょうね。

 

上図でも、B印範囲内で大きな下降が発生し、C印までトレンドが形成されています。

 

C.16時~18時

 

「12時~14時」でレンジ相場または動向が薄い場合でも、ロンドン市場がOPENするこの時間帯になるとしっかりとしたトレンドが形成される事が多いですね。

 

この時間帯で、いかに市場のトレンド方向を読み解いて波に乗れるかが重要です。

 

D.20時~23時

 

アメリカの重要度が高い経済指標が発表される場合、20時位から限定的で急速に変化するトレンドが発生する場合があります。

 

特に経済紙指標予測でハッキリとプラスの予想が出でいる場合などは、トレーダー達の期待感を表す様に急激なトレンドが形成される場合があります。

 

E.3時~5時

 

ほとんどの方が寝ているので、私もほとんどは取引した事はありません。

 

しかし、チャートを見ていると外国勢が優位に立つからでしょうか、トレンドが反転したり、大きなレンジ相場となる場合が多数見受けられます。

 

ただし、私と同じで大体の人は寝ていると思います。

 

寝る前に注文に対して「指値」「逆指値」を指定しておくのが良いですね。

 

ただし、寝ている時は市場の変化に対応出来ないので、必ず「指値」に到達するという確信がある時、または「逆指値」になっても諦められる時だけにしておくのが良いです。
 

sponsored link

 

FXの取引時間に関する動画

 

動画では「時間」から見たFX、勝ちやすい時間帯を説明した動画をご紹介します。

 

「FXで勝ちやすい時間帯とは【FX為替チャート】」

 

まとめ

 

今回の話は全てが毎回あてはまる訳ではありません。

 

しかし、こうした時間による決まった変化に関しても注目する事で、勝率はグッとあがるでしょう。

 

FXはついつい独りでチャートと「にらめっこ」しがちです。

 

ですが、その先には無数の取引している人が存在し、同様な生活サイクルをして生活しているのです。

 

その為、こうしたチャートにもそれが反映されていても、何ら不思議ではありません。

 

トレードをしていて、気が付いた時にはカレンダーなどを確認してみるのも良いですね。

 

矢印FX手法を余すところなくお伝えしている筆者おすすめのFX業者を見てみる

 

関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ