fxニュース速報でおすすめなリアルタイム情報!メールよりアプリ?

sumnail

FXを行う為には、過去の経験則からチャートの動向を予測する「テクニカル分析」が多く用いられます。

 

しかし、英国のEU離脱など経済界に大きな影響を与えるニュースなども知っておく事が大切。

 

TVのニュースや新聞から得られる経済ニュースでは、大体の場合、リアルタイムな内容ではありませんね。

 

今回は、FXに関係する経済ニュースを速報やリアルタイム配信しているサイトなど、有益なサイトなどに関してご紹介します。

sponsored link

FXおすすめリアルタイム速報①FX会社の取引ツールによるニュース速報・配信

 

筆者が使用しているFX取引ツールは、「ヒロセ通商」の「LION FX」。

 

こうしたFX取引ツール上では、経済ニュースがリアルタイムで配信されています。

 

代表的なFX会社である、「ヒロセ通商」「DMM FX」「GMOクリック証券」のFX取引ツールでのニュース配信形式は図のようになっています。

 

「LION FX」(ヒロセ通商)

 

ツールの上部にニュースの見出しが常時、リアルタイムに流れています。

lion01

 

 

ニュースの詳細が観たい場合は、流れている見出しをクリックすると詳細が別ウインドウで展開されます。

lion02

 

「DMM FX PLUS」(DMM FX)

 

ツールの上部にニュースの見出しがリアルタイムに配信されています。

DMMFX01

 

見出しが流れている箇所をクリックするとニュース一覧が別ウインドウで展開され、必要なニュースを確認する事が可能です。

DMMFX02

 

「FXネオ」(GMOクリック証券)

 

ツールバーの中にある「FXニュース」をクリックすると、ニュース一覧が確認出来ます。

GMO01

GMO02

これ以外でも、スマホなどに「速報」としてニュースや経済指標結果を配信してくれるサービスも行われています。

 

ツール単体ならば、「LION FX」と「DMM FX」はニュースが「見出し」で常時表示されるので見易く、経済指標の発表直前も通達してくれる為に使いやすいですね。

 

「LION FX」ならば、対象のニュース見出しをクリックする事で、すぐにニュース詳細を確認可能なので使いやすさは一番良いでしょう。

 

sponsored link

 

FXおすすめリアルタイム速報②ツイッターを利用

 

素早くニュースだけを確認したい場合には、「ツイッター」も有効です。

 

「ツイッター」をフォローしておけば、自分の都合が良い時に必要な情報を確認する事が可能になります。

 

FX取引会社は、ツイッターの独自アカウントを有していますが、経済ニュースまで配信しているのは多くありません。

 

おすすめする「ツイッターアカウント」は、下記のFX会社です。

 

 

 

新聞社などのツイッターアカウントは?

 

FX会社の発信しているニュース情報は、独自で情報収集したものではなく、経済ニュースを扱う新聞社などからの転載です。

 

少しでも早く情報を知りたい場合には、下記に示す様な新聞社などが配信しているツイッターアカウントもおすすめですね。

 

しかし、為替市場以外のニュースも同時に配信されている為、自分でニュースの内容を精査する必要があります。

 

・日経ビジネスオンライン
http://twitter.com/nikkeibusiness
・ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
http://twitter.com/WSJJapan
・ブルームバーグニュース日本語版
https://twitter.com/BloombergJapan

 

こうしたツイッターアカウントは限定公開では無いので、どれか1つのアカウントをフォローしておけば問題無いでしょう。

 

FXおすすめリアルタイム速報③ニュースサイトを利用

 

経済情報を優先的に配信しているサイトも数多く存在します。

 

通知機能はありませんが、速報や「有識者の考察」なども掲載される為、為替市場の展開や動向を予測するには有益でしょう。

 

ロイター

リンク先:http://jp.reuters.com/investing/currencies

 

名前ならば誰でも一度聞いたことがある世界最大の通信社。

 

「外為」などの為替専門のニュース欄と「為替フォーラム」と呼ばれる有識者コラムがあり、更に必要がある時には為替以外の情報も閲覧できます。

 

 

YenSPA!為替レポート

 

リンク先:http://yenspa.jp/

 

FX初心者向けに特化したニュースサイトです。

 

今後の動向などについての解説もされています。

 

ザイFX!

 

リンク先:http://zai.diamond.jp/list/fxnews/index

 

FXに関する情報をまとめてあるサイトです。

 

FX用語から取引会社比較など、ニュース以外の情報も数多く閲覧できます。

 

FXおすすめリアルタイム速報④スマホを利用

 

出先などで経済動向を確認したい場合には、自分の口座があるFX取引会社のスマホツールにあるニュース欄を確認すれば良いでしょう。

 

しかし、ニュースだけを確認したい場合や複数の視点からニュースを分析したい場合もあります。

 

そんな時におすすめアプリをご紹介します。

 

Yhaooファイナンス

 

ネットとアプリの両方で、各チャートおよびニュース情報を発信しています。

 

 

基本的にはどちらも同情報を配信しているので、通信速度制限などを考慮して、アプリまたはネットの最適な方を選択すると良いでしょう。

 

ただし、アプリであれば通貨ペアの価格変動に対する通知設定も可能です。

 

リンク先:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.yahoo.android.finance&hl=ja

 

smartFX

 

各通貨ペアのチャートを基本として、「経済指標カレンダー」や「予想・市況」を配信しています。

 

「予想・市況」は有識者のコラムが充実しており、専門的な見解をまとめて確認出来ます。

 

リンク先:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.minkabu.smartfx.app&hl=ja

 

FXニュースまとめ!

 

大型掲示板「2ちゃんねる」のまとめを基本とし、経済ニュースを「日別」や「週別」人気順で表示しています。

 

有識者コラムや用語集も同梱しており、初心者にもわかりやすく対応しています。
リンク先:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.appruns.fxnews&hl=ja

 

「FXニュース速報を気にするな」という考え方について過去の事例検証!

 

為替動向は、たわいのない要人発言が変動を発生させる等、敏感でヒステリックな動向をするのが常です。

 

しかし、些細なニュースまで鵜呑みして反応するのも、「誤報」に巻き込まれて損を出してしまう可能性があります。

 

過去には、こんな誤報がありました。

 

・2016年06月24日のニュース
英国EU離脱に関する国民投票に関する誤報
サンダーランド地区の結果が、「残留支持」と一部で報道された。
このニュースによって、「残留派優勢」と楽観視されていました。
結果は61%が離脱、39%が残留。
事前のニュースが誤報と分かると、一気にリスク回避の動きが強まり、ポンド円は157円付近から146円台まで急落しました。

 

・2013年04月24日のニュース
AP通信、「米ホワイトハウスで爆発」は誤報と確認 金融市場は一時混乱
同月23日に、米ホワイトハウスで爆発があったとするニュースが流れます。
その内容は、ホワイトハウスで爆発が2度発生して、オバマ大統領が負傷したというショッキングな内容でした。
これにより、外為市場ではドルが対円で上げ幅を縮小、ユーロは対ドルで一段安となった。

 

発信元に近い程、情報が洗練されていない為に誤報が多く含まれ混乱を引き起こします。

 

2016年6月にあった英国・EU離脱については、価格動向が大きく揺れ動く状況が発生し、利益を享受出来た人は少なかったはず。

 

こうした誤報に惑わされて、慌ててトレードを開始する、または決済する等を行い、余計な損害を被らないようにする事も大切な事です。
 

sponsored link

 

FXニュース速報に関する動画

 

FXニュースの中で、FX特有なニュース「オプション取引」について説明動画をご紹介します。

 

「経済ニュースの『オプション』とは何か!(常勝FX木南)」

 

まとめ

 

経済動向を素早く察知するのは、トレードの短期から長期間の予測を行う上で必要な事です。

 

経済ニュース以外にも、石油価格や金相場など関係情報は大量に存在します。

 

その全てを把握し、かつFXトレードに利用する事は不可能です。

 

最終的には、トレードを行うあなた自身が情報を取捨選択しなければならない事を忘れないでください。

 

矢印FX手法を余すところなくお伝えしている筆者おすすめのFX業者ランキングを見てみる

 

関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ