FXチャートソフトmt4徹底解説!無料でフリーのメリットは?

sumnail

FXを初めてしばらくすると、必ずネットで出会うのが無料チャートソフトの「MT4」と呼ばれるシステムでしょう。

 

正式名称を「MetaTrader4」というこのトレードシステム、トレーダーの玄人達が使用している印象があり、敷居が高い気がしてイマイチ導入に踏み込めない人も多いはず。

 

でも、必ずといって良い程にネット上で見るFX関連記事に登場し、高機能・高性能という宣伝文句が気になる人も少なくないはず。

 

今回はそんな「MetaTrader4」について、詳細と実際の使用感をご紹介します。

sponsored link

「MetaTrader4」とは

 

ロシアのMetaQuotesSoftware社(メタクォーツソフトウェア社)が開発したFXトレードシステムの名称です。

 

頭文字をとって「MT4」と呼ばれます。現在は「MT5」がリリースされていますが、「MT4」が主力として利用されていますね。

 

海外製品なのですが、日本語化もされていますから大体の機能はストレスなく利用出来ます。

 

しかも無料で使用可能です。(少し注意する箇所はあります、それは後述しますね。)

 

海外のFX会社では標準ソフトとして採用されており、MT4だけで複数社のFXトレードを行う事が可能です。

 

mt4のメリット

 

カスタマイズが可能

 

元々、使用者に合わせて配置や表示をカスタマイズ出来る事が「MT4」の売りです。

 

チャートの色使いや、各インジケーターの配置まで、かなりの自由度を持ち、自分好みの形へ変更が可能ですね。

 

FX通貨ペア以外も表示可能

 

私としては、一番欲しかった機能ですね。

 

FX以外のチャート、石油や金相場などの他業種のチャートを同時に表示可能です。

 

テクニカル分析ツール(インジケーター)の表示数が無制限

 

基本的なインジケーターは標準装備ですし、必要であれば無償または有料でネット上に拡張機能(プラグイン)が公開されています。

 

必要な機能を取り入れ、不必要な機能を削除出来るのが「MT4」のメリットです。

 

自動売買に対応

 

「EA」と呼ばれる自動売買機能を追加可能です。

 

FX会社が提供している場合がほとんどですが、専用プログラム言語を習得していれば、自分で製作して 「MT4」内でテスト後にリリースする事も可能です。

 

複数のFX会社と「MT4」だけで取引可能

 

日本のFX会社は独自ツールによって取引を行うので、複数の会社と取引を行うにはツールを切り替える必要があります。

 

「MT4」を採用しているFX会社であれば、「MT4」だけを使い複数の会社で取引可能です。

 

スマホ対応

 

Android版などのスマホにも対応しています。

 

 

sponsored link

 

 

mt4のデメリット

人によって慣れるのに時間がかかる

 

主要な語句は日本語対応していますが、インジケーター名などが英字です。

 

やはり、最初はネットのマニュアル記事を観ながら使用する事になりますね。

 

また、最初の見た目も日本のFX会社提供のツールと比べると、明らかに難解なプログラムツール的で難しい印象があります。

 

日本のFX会社で採用数が少ない

 

海外では取引ツールとして標準採用されている「MT4」も、日本ではまだまだマイナーです。

 

日本のFX会社は独自ツールを展開している事が多いのもあり、「MT4」と接続出来るFX会社はまだ少ないのが現状です。

 

メンテナンスが面倒

 

日本のFX会社のツールならば自動アップデートが標準ですが、「MT4」は基本的に自分で管理しなくてなりません。

 

「MT4」本体は問題無くても、関連ツールを組み込んでいる場合には、そのアップデートを各自で行わなくてはなりません。

 

mt4を使用できるFX会社

 

海外FX会社は「MT4」を取引ツールとして採用しています。

 

独自のFX取引ツールを採用しているのは、日本だけの様ですね。

 

これはシステム開発に時間や費用がかかる等のデメリットから、通常広く流布している「MT4」を採用しているのです。

 

日本では逆に独自のソフトを使用している為、「MT4」に対応したFX会社は少ないのが現状です。

 

ただし、「MT4」だけで複数社のFX会社と取引可能なのは、魅力のひとつですよね。

 

「MT4」を採用している日本のFX会社

 

本記事の様なレビューを参考にするのも、十分有効です。

 

しかし、やはり自分自身で触って確かめるのが一番確実に理解出来るでしょう。

 

ここからは、 実際の「MT4」の インストール手順について説明しましょう。

 

mt4の導入手順

 

「MetaTrader4」の入手

 

ネットから「MT4」を入手しましょう。

 

基本的には「MetaQuotesSoftware」社の公式HPからダウンロードするのが良いです。

公式Hp

 

または先の説明した「MT4」を採用している日本のFX会社からダウンロード可能です。

 

「mt4」または「MetaTrader4」と検索ページからヒットしたHPからのダウンロードは注意が必要です。

 

最初に説明した様に海外FX会社では、スタンダードなツールです。

 

ダウンロードに選択したホームページが、【海外FX会社】である場合もありますので注意しましょう!!

 

もし、ダウンロードしてしまっても【デモ口座】を選択すれば大丈夫ですよ。

 

そして、ダウンロード前に同意書が提示されます。

最初

インストール

 

「ダウンロード」フォルダにある「mt4setup」をクリックすると解凍作業が開始されます。

フォルダ

 

サーバーの接続

 

先に述べたFX会社経由のダウンロードの場合、そのFX会社がサーバーとして登録されていますから自動でセッティングされます。

 

サーバー02

それ以外は、先に説明した「MT4」を採用しているFX会社が利用可能です。

 

デモ口座の開設

 

必ず【デモ口座】を選択しましょう!!

 

それ以外では「口座開設」となって、トラブルの原因となる場合があります。

デモ口座

デモ口座02

 

基本情報を入力すると、ログインIDなどの必要事項が表示されるので、コピーして保存しましょう。

 

mt4各部の機能

 

「MT4」の画面は次の様な構成になっています。

MT4画面

① ツールバー・・・時間足の変更など基本的メニュー
② 為替レート表示
③ 分析ツール(インジケーター)
④ FX会社からの情報通知
⑤ 為替チャート

 

以上で「MT4」の基本的なインストール方法は終了です。

 

使い方については動画をご用意しました。

 

「MT4の使い方(完全版)」

 

mt4導入の必要性は?

 

最初に結論を言うと…、私の場合はどうしても「MT4」を採用しなくてはいけない理由は見当たらないですね。

 

FXが解禁された昔ならば、「MT4」は優れたツールであったでしょう。

 

しかし、日本のFX会社が提供しているツールも現在は優秀ですし、それらのツールを利用していて筆者は不満に感じた事はありません。

 

最大の売りである「自動売買」についても、使用したい人には有益ですが、私の様に「自分で自分に責任を持ちたい人」には不向きです。

 

「MT4」の中身を自分好みに整理整頓すれば、もっと利用価値はあるかと思います。

 

しかし、そこまで労力を費やし、利益が得られるかは、「MT4の機能性」ではなく「投資者の腕」次第です。

 

分析ツールについても、多機能・多種多様なのが「優れたツール」とは限りません。

 

完全な未来予測が出来る訳では無く、あくまで可能性を示唆するものであり、増えすぎた選択肢は逆に選択出来なくする要因にもなります。

 

また、「MT4」へ追加出来るプラグインに関しても玉石混合であり、有益かどうかは自分で精査する必要がありますね。

 

副業トレーダーには、多機能すぎるツールかも知れません。

 

海外FX会社と取引する、または複数口座を有する、まさに「玄人向け」なツールという印象です。

 

独自のFXツールを提供しているFX会社を利用している方ならば、無理に導入する必要性はないかもしれませんね。
 

sponsored link

 

まとめ

 

確かに「MetaTrader4」は多機能なので、利用すればFX取引に有益かも知れません。

 

しかし、これを本格的に利用して有益に使用出来るのは本業トレーダーの人達でしょう。

 

 

ですのであなたがもし駆け出しトレーダーであっても、より深くFXに対して理解が進めば「MT4」の機能が有益と感じる時が来るかも知れませんね。

 

矢印FX手法を余すところなくお伝えしている筆者おすすめのFX業者ランキングを見てみる

 

関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ