FXの1000通貨で利益をあげる端的手法は?1万円から取引可能?

sumnail

FXでは、トレードに必要な取引金額は「1Lot」で表されていますね。

 

この「1Lot」は取引の最小単位であり、更に各FX会社で「1000通貨」「1万通貨」の2種類に分類されます。

 

今回は「1000通貨単位」に関して、あなたが利益を上げるための端的な手法、1万円でもFXの取引ができるかなどについてもまとめました。

 

sponsored link

 

FXって資金1万円からできるの?

 

ネットによるFXトレードが始まった頃には、「1万通貨」が基準でした。

 

最近はFXが身近になってきた事もあり、「1000通貨単位」でトレードが出来る会社が増えてきましたね。

 

また、取引額「1000通貨」が登場した頃には、スプレッド以外に「取引手数料」を請求する会社も多かったのですが、最近の殆どは「手数料無料(スプレッドは除く)」が主流です。

 

下記は1000通貨単位での取引可能なFX会社です。取引手数料を比較してみると、

 

【取引手数料無料(スプレッドは除く)】
・YJFX!
・外為オンライン
・ヒロセ通商
・外為どっとコム
・楽天FX

 

【取引手数料が必要】
以下の会社では、1万通貨以下の取引で3銭~30円の手数料が必要とします
・JForex
・FXプライム byGMO
・住信SBIネット銀行
・マネックス証券
・マネースクウェア

 

ここにリストアップしたFX会社の多くが、1万円程度からの小額資金でFXトレードが開始可能です。

 

しかし、「1万円を10万円」や「1万円を100万円」に増やす事は「夢物語」と割り切った方が良いでしょう。

 

現在のFXルールでは、レバレッジ(倍率)も変動式が採用されており、投資した金額に応じてリターンが増減する方法です。

 

その為、ネットで見かける様な大幅な利益が得るためには、時間と労力を必要とします。

 

FX=1000通貨では儲からない?

 

儲けるか損をするかは、投資者本人の資質によりますので、1万通貨単位で儲けを出せる人は、1000通貨単位でも儲けを出せということにはなります。

 

通貨単位は掛け金が大きいか少ないかを表しているだけであり、1回のトレードに仕掛けられる通貨単位が大きいからといって、利益だけが多くなる事はありません。

 

ちなみに「1000通貨単位」でトレードしている人達はどんな感想を抱いているのか、Twitterの口コミを見てみると、

 

 

やはり、初心者トレーダーが安全を考慮して参入している事が伺えます。

 

FXはリスクとリターンは表裏一体ですから、損失を考えると1000通貨単位は「小遣い稼ぎ」または「トレード練習」向けという考え方が一般的なのかも知れません。

 

ただ、口コミを見てもリスクが最小限にできますし、副業で行うには選ぶ通貨ペアによって数万円の利益・マイナス穴埋めは十分魅力に感じるはずです。

 

sponsored link

 

副業でFXを始めようと思っている人は儲からない?儲かるためのコツは?

 

「FXでは、始めた人の9割が退場する」と言われている厳しい世界です。

 

そんな厳しい世界に「副業」という片手まで参入した場合、儲けられる可能性は低く感じるでしょう。

 

しかし、過去記事でもご紹介している様に「副業」から始めて私のように利益を出せている人達も数多く存在します。

 

 

そして、その多くの人達は、最初に損害を出して苦悩し、それに対抗する手段を考察して乗り越えています。

 

損害を受けた時、ただ漫然とそれを受け入れるのではなく、次に同じ失敗をしない様に考えて対策する。

 

これが儲けるためのコツでしょう。

 

そして、次の項目ではそうしたリスクの少ないFXの手法に対するヒントをご紹介します。

 

リスクの少ないFXの手法

 

多くの人はコツコツと利益を積み重ねてプラス益を出せますが、一瞬の判断ミスから生じた損失で一気に損害をこうむってしまう「コツコツ・ドカン」と呼ばれる現象に悩まされている筈です。

 

トレードを数多く行うと「ドカン」と損失を受ける可能性があるならば、絶対に勝てるパターンの時だけにトレードをするしかありません。

 

そう考えると、以下の2パターンを試してみると良いでしょう。

 

じっと機会を待つ

 

下図は2016年の「米ドル/日本円」の日足チャートです。

 

1000tuuka

 

チャートに描き加えたトレンドの山が複数存在します。

 

この山をいち早く察知し、トレードを実施すれば大きな利益を得ることが出来ます。

 

これは「日足」ですから、トレンドの山は半月~1ヶ月程度の期間をかけて発生しています。

 

先に説明したようにトレード回数が増えれば、ミスをして損害を受ける可能性も高くなります。

 

小資金でのトレードは、短期トレードよりも、長期間でのトレードが適しています。

 

当然、長期間トレードを行う訳ですから、ロスカットまでの度合いを表す「有効比率」などの変動が少なくなるように小資金で仕掛けるのが定石です。

 

分散投資

 

投資する資金が少なく、それによるロスカットへの危険性が少ないという事は、複数の通貨ペアまたは追加のトレードを実施してロスやリスクを分散する方法があります。

 

図はヤフーファイナンス(http://info.finance.yahoo.co.jp/fx/list/)の各通貨ペアの日足チャート(2017年1月)です。

 

1000tuuka2

 

ピンク色で囲まれた通貨ペアにトレンドがみられます。

 

・英ポンド/円(GBP/JPY)
・英ポンド/ドル(GBP/USD)
・ユーロ/英ポンド(EUR/GBP)

 

がそれですね。

 

例えば「資金1万円」とし、1Lot=1000通貨単位という条件で、この3通貨ペアにてトレードをした場合のロスカット金額(日本円)とロスカットラインを下表に示します。

 

1000tuuka3

 

例えば、「英ポンド/円(GBP/JPY)」にて1000通貨で「買い注文」を行った時

 

口座に残さなくてならない担保金額が「必要証拠金」

 

「ロスカット金額(円)」は、損害額が3,231円以上になるとロスカット(強制決済)

 

「ロスカットライン」は、レート=141.368から136.842以下にレートが下落するとロスカットになる事を表します。

 

逆に利益を考えると、単純にレートが141.368から142.368にアップした時には、約1000円の利益になります。

 

この様に資金1万円からでも充分な収益が得られる可能性があります。

 

小額で投資する場合には、こうした複数の通貨ペアへ投資が行うことができ、収益が見込めない場合には損切りを行うことでリスクを軽減できますね。

 

FX=1000通貨で利益をあげる近道な手法は?

 

ここまで記事を読まれた方で「損をしたくない」と思う人は、自分の持っている技術や能力で利益を出す「副業」を選択される方が良いでしょう。

 

FXトレードでは、必ず目に見える形で損失が発生します。

 

そうした現実を突きつけられ、資金また気力が枯渇した人から退場して行きます。

 

その為、「儲けを出す」という考え方よりも、「以下に損失を少なくするか」という事に重点をおいて行動する事が大切です。

 

前にも述べましたが、副業のFXで爆発的な利益をあげるのは、ほぼ不可能です。

 

小額の利益を積み重ね、損害を極力少なくする。

 

損害を回避する為には、最低でも下記の項目に注意する事が大切です。

 

① 経済指標に注意する

 

次項目とも関連していますが、経済指標は多くの投資家達が注目しており、為替市場の潮流を大きく変化させる要因になります。

 

② 政治的イベントに注意

 

一国の首相の演説などの「要人発言(会見,演説etc)」にも注意。

 

特に「アメリカ」「イギリス」「EU関係」の発言やイベントには注意が必要です。

 

例としては2016年1月17日に行われた「英国首相の演説」がありました。
※「EU離脱でもイギリスの株価指数は史上最高値圏、その中身は?」

 

1000tuuka4

 

③ ガソリンなど他の市場価格にも注意

 

日本国内のガソリン価格の変動が為替に影響を与える場合があります。

 

特に投資家は様々な投資を分散して行っており、そうした投資金が収束や分散をして市場を乱す場合があります。

 

④ 「日足→60分足→5分足」と確認して近日中のチャート全体の流れに注意する

 

先にあげた①項や③項を確認するのは難しい場合、数日前から現在までのチャートの推移を確認することで、為替市場全体の流れを把握する事で危険を回避出来る可能性は高くなります。

 

1回のトレードの勝敗よりも、たとえば1年または1ヶ月のトータルで利益が出る様に慎重なトレードを行うことが大切です。

 

それと「取引通貨単位」も大切ですが、「pips」という単位も重要な単位です。

 

「pips」については動画でご紹介します。

 

「非常に便利なPips計算機をご紹介します(常勝FXすたろん)」

 

まとめ

 

結局のところ、投資して利益をあげる事に近道はありません。

 

最初は1000通貨を利用して少ない資金でコツコツと経験と利益を積み上げる。

 

そしてそこからあなたの必勝パターンを手に入れることです。

 

sponsored link

 

P.S.

 

●通貨単位とは?

 

「1000通貨」「1万通貨」とは、対象通貨を1000または1万枚数で売買している事を表します。

 

通貨単位を「1000通貨単位」とした場合。

 

「米ドル/日本円」ならば、米ドルを1000ドル。

 

「ユーロ/日本円」ならば、1000ユーロとなります。

 

気をつけないといけないのは、基準は日本円ではない事。

 

更には、「1Lot=最低通貨単位」で表示されている事です。

 

例えば、1米ドル=100円で「1Lot=1000通貨単位」とした場合、1万通貨の米ドルを買うということは10万円分になります。

 

更にこれがFX取引ツール上では、「10Lot」と表示されます。

 

でも、1000通貨単位でFXを始める事には下記の様なメリット・デメリットがあります。

 

・1000通貨単位のメリット・デメリット

 

■メリット

 

・小額投資で気軽にスタート可能

 

金額的に1000円と1万円では、投資で受けるプレッシャーは少ないです。

 

デモトレードでも利益が出せていた初心者トレーダーでも、実際に投資を開始すると赤字になってしまう事は多いです。

 

1000通貨単位で実際に投資を始め、上手く運用する手ごたえを感じるならば1万通貨単位のFX会社へ移転するという方法もあります。

 

・分散投資が可能

 

小額ですから、「米ドル/日本円」でトレードを継続しながら「ユーロ/日本円」へ投資するといった、「分散投資」が気軽に実施できます。

 

特に「米ドル/日本円」と相反した動向をしやすい「ユーロ/米ドル」へ同時にトレードを行い、「1粒で2度おいしい」というトレードを仕掛ける事も可能です。

 

■デメリット

 

・ローリスク&ローリターン

 

「1000通貨」は「1万通貨」の1/10ですから、受け取れる利益も少なくなります。

 

単純に言えば、10万円の利益を出す為に「1000通貨」では、「1万通貨」の10倍かかるといえます。

 

細かく刻んで利益を積み上げて行かなければならないという事は、それだけ取引回数が多い、または資金を市場に置いておく訳ですから、為替変動に巻き込まれる可能性が高くなっている事を表します。

 

・利用可能なFX会社が限定されてしまう

 

1000通貨単位を取り扱うFX会社が増えてきたと言っても、やはりまだ主流は「1万通貨単位」です。

 

2種類の通貨単位を扱う会社はありませんから、選択出来る会社はおのずと限定されてしまいます。

 

関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ